FC2ブログ
就職活動写真で一発合格への道 03-3657-3344
[エアライン受験] ブログ村キーワード

就活と何か ステキなブログは
サクセスキャリアエアライン菊地未夏様より

抜粋してご紹介いたします。

就活とは自分の生き様を知り

その生き様に合う将来の会社と出会う場所。
だからこそ、
本当の意味でまず自分を知らないと
本当に好きになれる会社には出会えない。sca菊地未夏



最近、本当に

<就活をする>

<転職をする>

その事をしっかりと受け止めて

活動をしてほしいと切に願っている

SCAの菊地です。

scaエアラインスクール菊地未夏さま




昨日の東京でのJALANA合格対策会でも

すごくこの事を痛感しました。




特にこの業界は

「この職種ありき」

で考えている方が多く

本当の意味で

「この職業がどれほど自分にマッチしているか」

の度合いを考えずして就活・転職をする人が多いから

【なぜCA?GSなのですか?】

と尋ねると

「夢だから」「憧れだから」と話す人が多い。





きっかけはそれでもいいけど、

でも、それで仕事が務まるほどそんなにたやすくはない。



そしてそのことを何よりも面接官は知っているからこそ(当たり前だけど)、
皆さんにこの業界に就く上での考えや想いを聞く。


その内容は皆さんの歩んできた過去の経験の話を通して、その話からイメージを沸かして聞いている。

もっと自分の仕事の軸から

考えるべきではないだろうか?






そう思いと私の中で

下記のような浮かび上がってきた。





<就活・転職のフローチャート>



1、私の将来ありたい姿は何か?



2、その上がってきた条件は

過去の何の経験と繋がっているのか?



3、その条件を含んでいる業界(または職種)はどこだろうか?



4、その中でも自分の条件により近い会社はどこか?







かなり簡潔ではあるけれど

このように考えることも

【自分の働くを知る】ことになるし、

自分のあげた条件から

自分の大切にしているものも見えてくる。



仕事の条件を挙げているようで

実は自己分析になっている。





そのことも含め



「なぜCAか?」「なぜGSか?」

「なぜJALか?」「なぜANAか?」



それらを参加者一人一人と向き合って

この講座の中で



【自分とCA】

【自分とGS】

【自分とANA】

【自分とJAL】



を見出し、

実際にESにまでかけるようにアドバイスするのが

昨日行われた

JALANA合格対策会のメイン内容です。





他にも

当日お渡しする資料には

面接での心得や



近年のJALANAの傾向から

2018年以降どのような未来を

この2社が歩もうとしているのか

その上でどのような人財を求めているか



そこを図式化してお話をします。


<参加された方の感想>

なぜCAか?なぜGSか?の答えが出せていない方
JALとANAとの自分の共通点がわからない方
JALやANAが求める人財像にあったESの内容が準備出来ているか不安な方
エピソードはあってもどうJALやANAに照らし合わせて書けばいいかわからない方
JALやANAの採用傾向や面接までの時間をどう過ごせばいいか知りたい方

▶新卒:Aさま

このカウンセリングを通して、なぜ自分は面接で敗退してしまったのかの原因がはっきり分かりました。また、これからどのように進めたら良いのかの課題もはっきりし、さっそく今日から気づきノートをつけます!

90分間大変濃い内容で、先日まで通っていたエアラインスクールよりはるかに充実した時間を過ごすことができました。また、細かく丁寧で熱心に教えてくださった菊地先生の姿勢に大変感激致しました。重ねて感謝申し上げます。



▶既卒:Sさま

受講して本当に良かったです!このまま勘違いをして受験をし続けるところでした。

みか先生のお話から、私も先生のような素敵なCAになりたいと心から思いました! 

                                 

▶既卒:Nさま

前々から自分自身のメンタルについてとても気にしていました。

自分に自信がない、強みがない、そんな自分がどうアピールして良いのか分からない。

そんな私でしたが、このメンタルケアを受講したことでかなり前向きになり、自分自身が作り出していた「CAになるにはこうじゃなきゃいけない!壁」を少しずつ壊すことが出来ました!!受講してよかったです!!本当にありがとうございました

<JAL/ANA合格対策>

10代 学生

私は今はエアラインスクールに通っておりません。
しかし、第三者からの視点・意見を聞かなくては自己満足で終わってしまうのでは、と不安に思い、主に京都や大阪付近のエアラインスクールを体験・見学させていただいております。
7校ほど見学させていただきましたが、本当に菊地先生ほど熱い先生はいらっしゃいませんでした!

日々のアンテナを張って情報を深く分析していらっしゃることも感じました。
「絶対に客室乗務員になってほしい!」と心から仰ってくださった言葉が忘れられません。
今までのスクールでは、少し遅いから焦った方がいい、周りは1回生から準備してる、と言われてしまい、比較されることを仕方ないと思っていました。
しかし、菊地先生のお言葉で自分のベストを尽くして誇りに思おうという方向へと変われました。
エアラインスクールに求めるものは、本当に心から客室乗務員になってほしいと思ってくださることだと感じました。
菊地先生からその思いは強く濃く感じました!
ありがとうございました!

<JAL/ANA合格対策>

20代 社会人

菊池先生のお話を伺ったり悩みを聞いていただいたりする度に、考え方がポジティブな方向へかなり変わるので、今回に限らず毎回新たな物事の捉え方や考え方を得ることかができています。

今回の場合ですと、面接に対する考え方です。
面接というと緊張というイメージしかなく、重々しい空気が漂うものと考えがちでした。
しかし、面接室という機内で面接官というお客様をいかに笑顔に、あなたに会えてよかったと思ってもらえるかを判断してもらうという考えで自分が面接を受けると想像すると、自分の心をオープンにして心からその場を楽しむように過ごすことが自然とできるのではないかと感じました。

緊張はすると思うのですが、そのように考えた方がより自分を偽らず、発揮できるのではと思うようになり、少しばかり心が軽くなりました。この考え方を吸収できただけでもかなり自分にとってプラスになりました。
本当にありがとうございます。

<JAL/ANA合格対策>

20代 社会人

今回は大変内容のある3時間をありがとうございました!
なによりも菊地さまの熱い思いが、もっと頑張らないと!と突き動かされました。
(受験生である私が先生より熱意で負けていてはいけないですよね(*_*;)

なんとなくしかつかめていなかったJALとANAの違いを、実際に各社が取り組まれている方針をもとにしながらたどることで明確にすることが出来ました。
また、実際にビデオ撮影をして頂いたことで、自分の表情を第三者目線で初めて知ることが出来、自分が思っている以上に笑顔がまだまだでびっくりしたので、それを知ることが出来良かったです。
JALとANAが今後何を大切にしていきたいか、それに合わせて考えた時に、自分はどちらの会社の考え方にあっているのか、どちらでより働きたいのかはっきりさせることができました。
また、自分も含めてですが、他の受講生の良いところも悪いところも、面接官目線で見ることで、第一印象や話し方の大切さを感じました。

自分のやるべきことが具体的に分かったので、日々取り組んで悔いのない2018年にしたいと思います。
また、不安なことや質問があれば気軽にご連絡しても大丈夫でしょうか?
勝手なお願いであることは重々承知の上で、関西で講座があれば嬉しいです!
また、周りに一緒に頑張る仲間がいないので、集団面接やGDの講座、自己分析についての講座があると参加してみたいです。

-------------------
まだまだ素晴らしいコラムがございます。

▶︎HP:SCA こちらから



写真の高橋 03-3657-3344
就活 写真のポイント、就活写真はいつ?

人気のリクルート証明写真

就活 写真 メイクポイント ここに注意

就活写真 値段安くて綺麗

就活証明写真 口コミとお客様の嬉しい声

エアライン CA証明写真特別ギャラリー1

CA証明写真特別ギャラリー2

CA証明写真特別ギャラリー3

CA証明写真特別ギャラリー4

CA写真 特設ギャラリー5

CA就活写真 特設ギャラリー6

CA就活写真 特設ギャラリー7


CA髪型1

CA髪型2

CA髪型3

CA髪型4

東京 写真の高橋 03-3657-3344




↓なるほどと思われましたらどうぞクリックお願いします↓
あなたの一押しでこちらもますます頑張れます。
にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.08.19 Sun l エアライン受験写真 おすすめ写真館 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→https://smilyphotoshop.blog.fc2.com/tb.php/537-41b0732a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)